header

信用情報機関の確認方法

今まではブラックリストについてお話をさせて頂きましたが、ここまで来ると、自分に信用があるのかどうか気になってくる方もいらっしゃると思います。
ここで、自分の信用情報を確認する方法です。

信用情報が登録されている機関は複数ありますが、大まかに(株)日本信用情報機構(JICC)、(株)シー・アイ・シー(CIC)、一般社団法人全国銀行協会(JBA)になります。


どの信用機関に確認を取ればいいのか分からない場合は、各機関のホームページで加盟会員が検索できますので、契約している業者や銀行名を確認するか、ナビダイヤルで問い合わせをするのが確実かと思われます。

 

それぞれの機関のおおよその違いとしては、
JBAは銀行またはそれと同等の金融機関(農協、信用金庫など)のみ加盟できる機関です。銀行系でお金を借りた場合はこちらになります。


JICCは貸金業者が多く加盟し、一部地方銀行や信用金庫などです。信販会社や消費者金融でお金を借りた場合はこちらになります。CICはクレジットカード会社が多く加盟しており、クレジットカードの利用や自動車のディーラーローンを利用した場合はこちらになります。

 

注意して欲しいのが、信用情報の開示は本人のみ可能で、基本的に本人以外の親族や知人が本人に代わって開示の請求をすることは出来ません。
しかし本人が何らかの理由で直接開示請求が出来ない、もしくは死亡してしまった方の情報開示は代理人という形で出来ますので、そちらも各機関に問い合わせてみてください。

 

そして各機関で必要なものがありますが、大体は本人確認が出来るものや事前に書類の記入、そして手数料が求められます。
もちろん信用開示方法についても説明されていますので、合わせて確認して申請をしてください。
機関によってはインターネット上での開示も出来るので、早く確認したい場合などにおすすめです。

ブラックリストについて

PAGE TOP