header

ブラックリストは消せるのか?

信用情報の開示をした結果、事故情報になっていた(ブラックリストに載っていた)と分かったとき、とても不安になると思います。ブラックリストに載ってしまったら、一生そのままではないのかと思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、ある一定の期間が経てば消える、言い換えれば信用情報を真っ白にするが出来るのです。

 

ブラックリストに載ってしまったということは返済能力が無いということなので、もしもうお金が返せない状況で何も出来ない状態だとしたら、債務整理から始まります。
債務整理とは自己破産や民事再生、任意整理などがあり、こちらは各自弁護士に相談のうえ行ってください。
この債務整理とは借金を法的に減額または帳消しにする方法であり、多重債務に苦しんでいたのなら、かなり救われるのではないかと思います。

 

しかし債務整理をし、免責が確定した日から消えるまで数年は掛かると思ってください。
また、返済が遅れながら完済が出来たのだとしても、一度ブラックリストに記載されてしまったら、こちらも同じように時間が掛かってしまいます。


ではどのくらい時間が掛かるのかというと、約5年ほどになります。
これは各個人の状況によっても変わりますので、あくまで目安と思ってください。

 

また自己破産をされた場合ですが、各機関で保持されている信用情報でもCICやJICCは5年、一般社団法人全国銀行協会は10年と言われています。


もちろんその間はブラックリストに載っている状態ですので、新たな借入やローンを組むことは出来ません。
そこは自己責任だと思って我慢することが必要です。

このようにブラックリストを消すことは可能ですが、すぐに消すことは出来ないのです。
ブラックリストを消したいあまり焦って行動して、怪しい業者や煽り文に騙されないように気をつけてください。

ブラックリストについて

PAGE TOP